利き目は右?左?本当の利き目(マスターアイ)の調べ方

自分の利き目って知ってますか?

利き手があるように目にも「利き目」があるんですね。

そして「利き目」って「マスターアイ」っていうんですね。

なんかかっこいい。

利き目は左目だと信じていたのに、本当の利き目は右目って言われてびっくり。

びっくりはしたけど「利き目は左だと思って撃っていたら実は右だった」というだけなのでAPS撃つ上で点数とか何もかわらないのは残念。

でも、この体験はとてもおもしろかった。

みんながこうなるとは限らないけど、「宴会での面白ネタ」ぐらいにはなるかもしれないので書いておこう。

利き目(マスターアイ)を調べる方法

特別な道具もなく、調べることができます。

必要なのはあなたの手と何か目印になるもの。

ここではわかりやすく「御堂筋シューティングクラブ代表大先生似顔絵イラスト」を目印に。

実際のチェックは離れたところにあるものを目印にしてくださいね。

1、両目を開けた状態で、手で輪っかをつくってその真ん中に目印を持ってくる。

2、左目だけを閉じる。

あれ?さっきまであった「目印」が消えてしまった。

この目印は消えることもあるし、ちょっとずれるだけの人もいるみたい。

3、右目だけを閉じる。

「目印」はそのまま。

片目を閉じても「目印」が輪っかの中心にあるなら、そのときに開いている方の目が利き目!

右目を閉じたときに「目印」が輪っかの中にあった私の利き目は「左」なんです。

ところが先日、眼鏡屋さんでチェックしてもらったら、びっくりな結果に。

利き目には「本当の利き目」があるそうなんです。

本当の利き目を調べる方法

眼鏡屋さんで調べてもらった方法を紹介しますね。

本当の利き目を調べるのに必要なのは穴の開いた板と目印になるもの。

穴の開いた板を両手で持って、両目を開けた状態で手を上げて顔の前に板を持ってきて

穴の中に「目印」を入れる。

さっきの利き目チェックと同じです。

この時大事なのが板を持ち上げるスピード

できるだけスピーディーに。
ゆっくり上げるのではなく、「いち・に・さん・ハイ!」でギュインと上げる。

なんとなくこんなイメージ。

そうやって持ち上げた板の穴に目印をおさめてください。

あとは片目ずつ閉じてください。

さっきと同じように、片目を閉じても「目印」が穴の中に残っていたら、そのときに開いている方の目が利き目!

とっさのときに使う目が「本当の利き目」

もちろん、ゆっくりしても早くしてもどちらも利き目が変わらない人もいます。

でも私のように変わることもあるので、一度試してみてください。

穴の開いた板なんかすぐに用意できない!って思いますよね。

そんな時は手でやってみてください。

手で輪っかを作るのもいいのですが、安定しにくいのでわたしのおすすめはこちら。

こんなふうに手を重ねて三角をつくる。

この三角の中に「目印」をいれてくださいね。

これなら、勢いよく手を上にあげても「目印」を穴におさめやすいです。

あ、飲み会でするときにうっかりグラスを倒さないように気をつけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする