エリートオペレーターズ体験会に参加!人生初の2ガンマッチを体験しました

2018年10月6日、靭テニスセンター地下会議室で開催された御堂筋シューティングクラブ主催のエリートオペレーターズの体験会に参加しました。

ざっくりエリートオペレーターズとは

超ざっくりエリートオペレーターズとは……ライフルとハンドガンを持ち替えて制限時間内にプレートを撃ち倒す競技。

プレートは6枚あって。真ん中の2枚が10cm、残りの4枚が6cm。小さいのはライフルで、大きいのはハンドガンで撃つ。背景黒で、プレートがグレーというなんとも難しそうな……。

フリースタイル(利き腕)で撃つのとアンビ(利き腕じゃない方)と2種目あって、両方合わせて何枚プレートを倒せたかを競う。

フリースタイル

ライフルで小さいプレートを利き腕で4枚撃って、ハンドガンに持ち替えて大きいプレートを2枚撃つ。

距離 時間
4m 6秒
5m 7秒
6m 8秒
7m 9秒

アンビ

利き腕でライフルを使って小さいプレートを2枚撃って、利き腕じゃない方に持ち替えて小さいプレートを2枚撃って、ハンドガンに持ち替えて大きいプレート2枚撃つ。

距離 時間
4m 7秒
5m 8秒
6m 9秒
7m 10秒

多分合っていると思う……。

きちんとしたものはL.E.M.サプライさんのページで。

文字にするとややこしい感じだけれど、実際体験すると文字で見るほどややこしくない。ROが「◯m◯秒1回目」と言ってくれるし、エリオペ初体験のわたしがひと通り最後まで競技を終えられたのでみんなできる!

いろいろあったエリオペ初体験

カービンでプレートを狙うわたし。

エリオペってライフル使うっていうのにカービンとはなんぞや?と思ったのですが、ライフルより小さいのって覚えておけばいいと言われたのでふんわりカービンと呼ぶことにする。

カービンどうやって構えるのかもよくわかってないけど、素人目になんかかっこいい気がするってだけでとりあえず満足なんですがやっぱりプレートたくさん倒したいです。

エリオペ体験会1日の流れ

設営開始

設営しなくていい環境がベストなんだと思うのですが、残念ながらそういう場所はなかなかないので、壁や蛍光灯を傷つけないように養生をします。

セフティエリア

ここは鉄砲をさわっていいところ。マガジンに弾入れたりガス入れたりはダメと呪文のように自分に言い聞かせる。

レンジが完成!

左はロック付きのフォーリングプレートでエリオペ仕様のもの。右はMSCで使っている練習用のもの。今回は体験会なので、わたしのようにマッチ初体験の方にタイムを気にせずじっくり撃ったりするのに使われました。

公認ROによるあいさつ

いやぁいい具合にボケた写真がありました。公認ROの黒いエリオペポロがかっこいい。

銃のチェック

レギュレーションに合っているかチェックを受けます。

わたしがいつも使っているハイキャパのグリップはNGなので、公式マッチでは純正グリップにしなければ。今回は「体験会」ということでこのまま参加させていただきました。

体験会の様子

単純にみんなカッコいい。

初めてMSC主催の会に初めて参加された方も練習時にROしてくれたり、プレート起こす紐の操作してくれたり。主催者側の人間の立場からみるとこういうの本当に嬉しかったです。わたしもエリオペわからないなりにお手伝い。

点取り

チャカ大先生のカービンを借りて撃つわたし。

ほぼ初めてのカービン、ドットサイト使用。練習ではプレートちょこちょこ倒せました。が、点取りではやっぱり緊張するんですね。

・ドットが行方不明

構え方がダメなんですね……さっきまであった赤い光が見えないんです。え?え???どこいった!?って思っている間に時間切れ。

・セフティ解除忘れる

よし!ドット見えた!トリガー引くぞ!!!あれ?あれ???……セフティの解除を忘れてトリガー引けない。気づいて解除するも時間切れ。

・スイッチで首締まりそう

アンビでは利き腕と逆とで撃つのでカービンの持ち替えをするのですが、この時にスリングが首に……うぉぉぉぉ!ってなっている間に時間切れ。

・ハンドガンにたどり着けない

そんなこんなで、カービンであたふたしている間に時間切れになりハンドガンにほとんどたどり着けないという体たらく。

合計21枚という結果でしたが、エリオペ楽しい!!!と思える1日でした。

成績に応じてもらえる白い大先生シールをカービンにペタリ。

今回、点取りに参加して銃を構える姿勢について体感できたことがあります。いつもAPSのシルエットの時の癖が抜けないのか、構えたら反ってしまうんです。反らない、重心低くって言われてもイマイチわからない。ピンとこないって思っていました。それが、やっと反っていたら当たらないし、重心低くしないと安定しない、というのが体感できたように思います。

がんばって練習しよう。なんのためにって言われたら「そこにプレートがあるから」ですかね……。

最後は乾杯

希望者の方々と乾杯。会話の内容はマニアすぎてはっきり言って半分以上わからないし「ちょっと外国語みたいで全然わからんで……」と言っても許される楽しいご飯会でした。

エリオペ楽しい!またやりたい!!という声がたくさんありました。わたしもそう思う1人です。こういう体験会がまたあったらいいなあ。そしてきちんと練習して公式のマッチにも出てみようと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする